vortex viper pst gen 2 vs razor hd gen 2
04 Listopad
2020

vortex viper pst gen 2 vs razor hd gen 2

Vortex Optics has answered the call with a spectrum of LPVO choices ready to address different market segments, from small budgets to I-couldn’t-care-less-the-government-pays-for-my-gear levels. They also come with an External Rotation Indicator and a Locking Illumination system. This is fine. Vortex Viper PST 1-4x24 TMCQ Riflescope PST-14ST-M, Vortex Optics Viper PST 1-4x24 SFP Riflescope - Tactical Turrets - TMCQ MRAD Reticle, Vortex Viper PST 1-4x24 Riflescope with TMCQ MOA Reticles, Black, PST-14ST-A, Vortex Viper PST 4-16x50 EBR-1 Riflescope PST-416F1-M, Vortex Viper PST 4-16x50 Illum EBR-1 MRAD FFP Scope | PST-416F1-M | Ships Free, Vortex Optics Viper PST Gen I 4-16x50 FFP Riflescope - EBR-1 Reticle (MRAD), Vortex Optics Viper PST Gen I 6-24x50 FFP Riflescope - EBR-1 Reticle (MRAD), Vortex Optics Viper PST Gen I 6-24x50 FFP Riflescope - EBR-2C MRAD Reticle, Vortex Optics Viper PST Gen I 6-24x50 FFP Riflescope - EBR-1 Reticle (MOA), Comparison of the Vortex Crossfire II Scopes vs Vortex Diamondback Scopes. Vortex got really close to the Razor HD II with the PST II, and impressively so. I have a $650 pair of custom made stingray leather boots. The adjustments are located on the side for easier application in the field. The adjustment mechanisms on the F1 are beyond reproach, and they are smooth, accurate and precise. This is where Vortex crashes, the weight is a full 10 ounces in favor of the Nightforce, and 10 ounces is a shit load of weight. The newer PST Gen 2 scope models feature a wider range of reticle options, especially in the FFP configurations.

Against this, you get the Nightforce FFP ATACR 5-25×56 F1 scope, and in the competition I visited, 86% of the Nightforce scopes were an ATACR F1. Extra weight is more than justified with the added capability of magnification for target identification, and the ability to work good reticles into the system.

L Tec zero stop which is just a more convenient zero stop to use and adjust than the RZR zero stop. REVIEW >> ELECTRONICS & OPTICS | 電子・光学機器類>> ELECTRONICS & OPTICS | 光学機器類・電子機器類, VORTEX社の最高ランクのライフルスコープにして、Leupold社のMark 6並の性能があるとプロシューターからも高い評価を得ているショートスコープが、このRAZOR HD GEN2 1-6×24である。, ※追記4:2019/1月、同社VIPER PST GenⅡ 1-6×24との比較に関して追記(ページ最下部), →VIPER PST GenⅡ 1-6×24を提供してださったA・D氏に感謝致します。, 近年のショートスコープの進化は目を見張るものがある。カービンに付けても邪魔にならないサイズで、1倍から機種によっては10倍という高倍率までカバーしているものもある。しかもそれでいて値段が抑えられている製品も多々散見される。低価格で高い品質の光学機器を多く製品化しているボルテックス社にも、Viper PSTやSTRIKE EAGLEシリーズと言った低価格でナイスなスコープは多い。そんなボルテックス社の最高ランクのスコープがRAZOR HDシリーズだ。これが2世代目(Gen 2)になった時、ショートスコープのラインナップから1-4倍が無くなり、1-6倍が加わった。これが今回紹介する製品だ。, ●特にライフルスコープは黒一色の製品が多い中、RAZOR HD GenⅡ は若干赤みのある灰色である。購入して一年近くになり、かなりラフな扱いをしてきたが傷の浅い擦れだけですんでいる。優秀なコーティングを施しているようだ。, ●大きいがロープロファイルなウインテージ・エレベーションダイアルも特徴的だ。上下左右の調整幅は、なんと150MOAとかなり大幅に動かすことができる。同社のSPITIFIRE PRISMSCOPE 3×の120MOAも驚いたが、こちらはそれを凌駕している。かなりの強風遠距離射撃や、へそ曲がりなライフルでも対応できそうだ。普段はカバーで不意の誤操作や接触を防ぐことができる。, ●ウインテージダイアル(左右調節)には0.5MOA毎の目盛りに加え、左右共に2MOA飛ばしで24MOAまでの数字が記されている。, ●この製品は最高品質のレンズ生産に定評のある日本製である。噂では、ニコンやキャノン等のカメラレンズのOEM生産をしている鎌倉光機が製造しているとか。, ●接眼レンズ部。直径約4.6センチの接眼レンズは実に覗きやすくて見やすい。バトラークリークは、接眼部のサイズが19、対物レンズ部のサイズが03Aが適合するようだ。レンズの汚れや破損防止にも付けておきたい。, ●対物レンズ部。接眼・対物レンズ共に薄い緑色のコーティングがされている。レンズはさすが日本製と言うべきか、実に明るくて歪みない。, ●こちらは1倍率時の写真。撮影機材等と私のミスで周辺が少し歪んで白っぽく見えるが、実際にはずっと歪みは少ない。肉眼で見るよりも明るくハッキリと像を見ることができる。写真だとわかりづらいが、色温度が若干高く見える。ほぼ完全な等倍に近い。1倍率の場合は、14インチ程度のライフルだと若干拡大されて見えるが、フロントサイトにもピントが合う。, ●6倍率時。実に鮮明な像を得ることができ、シンプルなレティクルなので精密射撃もストレス無くできる。イルミネーターはかなり明るく設定することができ、炎天下でも問題無い。その明るさは、ダットサイトのAimpoint T-1の最高高度に迫るような明るさだ。スコープのイルミネーションでここまで明るく灯すことができるものは今まで見たことがない。, ●このショートスコープは3種類のレティクルラインナップがあり、MOAとMRAD規準で目盛りを付けてあるVMR-2レティクル2種類に、こちらのJM-1 BDCレティクルである。このレティクルは、射撃業界でその名前を知らない人はいないくらいに有名なJerry Miculek(ジェリー・ミチュレック)氏がデザインしたもので、BDC(Bullet Drop Compensator:弾丸の距離による落下点表示)機能をメインに置いたシンプルなレティクルだ。5.56mm×45弾(55-77グレイン)と7.62mm×51弾(168及び175グレイン)の弾薬で、200(183m)~600ヤード(549m)の距離に対応している。, ●本機種はレティクルはズームと連動しないSFP(Second Focal Plane)となっている。中~遠距離向けのRAZOR HD GEN 2(4.5-27×56と3-18×50)はズームに連動してレティクルも拡大されるFFP(First Focal Plane)となっている。, さて、ひょんな事からミルレティクル版とも言える「VMR-2 MRAD」版を入手することができたのでコチラもレビューしたい。, 事の経緯は、ハードな訓練での使用中、対物レンズに飛び石が直撃してしまい、レンズが傷ついてしまった。VORTEX社は無料で製品の修理をしてくれると保証にあったので、とりあえず販売店に連絡して発送&修理をしてもらった。さて、数週間後に里帰りをしてきたRAZOR HDを見て驚いた。まず新品になっている。これは素晴らしいことだ。そしてレティクルがJM-1 BDCレティクルからVMR-2 MRADレティクルになっている。これはどういうことか??これは修理ではない。間違った商品に交換しただけだ。, とは言え、私の場合これはこれで良いと思ってしまった。これはこれで相手までの距離が測定できるので良いなぁと、JM1-BDC版とどっちにしようか悩んでいたのだ。こうしてレビューをすることもできた。本来は苦情&交換だが、今回に限ってメーカーに報告だけしてこのままにしてもらった。, ●まずは1倍時から。100m先にブルーのシャツを吊るした。ちなみにシャツの上端から地面までは約1.8mである。相変わらずクリアで透き通るようなレンズだ。低価格帯の他スコープと比べて、レンズの縁が薄くて視界の妨げにならないのも良い。, ●6倍時では、光の入射角度や反射の影響で、シャツの下辺りが曇ったように少し白く反射してしまっているが、この時持ってきた同じく1-6倍率のOTS CQBスコープと比べると、反射は少なめだった。高倍率時に変なゴーストやフレアが出て、狙撃に支障をきたすことは意外とあるが、このスコープはそれらを少しでも抑えてくれるような設計になっていることがわかった。やはり値段以上のスコープであると言われているだけはある。, ●さて、MRADレティクルの説明を少ししよう。厳密には違うが、MRAD(ミリラジアン)はMIL(ミル)とも呼ばれ、NATO諸国でよく用いられる平面単位だ。詳しい説明は省くが、これを駆使することで距離の測定等様々なことができる。, ●このVMR-2 MRADレティクルは、左右に4MRADずつ、下に7MRADずつ区切られている。中心点から一段と太くなっているレティクル線までは11MRADだ。1MRADは100m先で10cmの大きさになる。これを使ってターゲットまでの距離を測定する場合は、, ○ターゲットの高さ(m)×1000をターゲットの高さ(MRAD)で割る=ターゲットまでの距離(m), という計算式を使えばいい。例えば、何メートル先にいるかわからない身長2mの人間をこのスコープで見て、足から頭の先っぽまでが5MRADだとすると、そこまでの距離は200mとなる。, ※このスコープは、倍率変更に連動してレティクルの大きさが変わるFFPではなく、SFPのスコープなので最大倍率である「6倍率」でないとこの機能は使えないので注意を。, ●このような機能を使用するには、RAZOR HDではMOAという単位を使用するもの(VMR-2 MOA)もあるが、メートル法を使用する日本人には計算がややこしくなるのでこちらのMRADを使用するものの方が良いだろう。, ●イルミネーターの調節は、よくあるダイアル式だが、不意に明るさが変わってしまわないようにロックがかかっている。変更するには、ノブを引っ張りだす。このノブはエッジが効いているので、素手でいじっていると少し痛い。, ●光量は11段階の切り替えが可能で、最大光量の場合は、炎天下でも余裕で使用できるほど明るい。低倍率時と合わせると、ダットサイト感覚で使うことも可能で、3GUN等の競技で愛用されている理由も納得だ。ただ、最低光量がちょっと明るすぎる。真っ暗闇では、あと数段階ほど明るさを抑えてほしいと感じる。, ●また、暗闇でイルミネーターを明るく設定していると、対物レンズ側から光っているのが見えてしまう。この点は、夜間戦闘などでは、致命的な事態になりかねない。私が所持している、Leupold VX-R Patrol は例え最大光量でも光っているのは見えない。, ●他にもこのスコープには気になる点がある。一つは重量だ。714グラムという重量は、ライフルの上にグロックを載せているのと変わらない。(GLOCK 17 Gen4:710グラム), このように、他社製品とくらべても重量級の選手だ。この程度の重さで何を不平を垂れるかという人がいるかもしれないが、遠心力のかかりやすいライフル上部の重量増は、CQBや長時間の活動等で大きな影響が出てくる。ユーザーの間でも、この点さえ無ければ最高なんだが…とレビューする人は多い。ぶっちゃけ、コレを使って一日中射撃をしたり、行軍訓練をしていると疲労が当社比2割増しに感じる…。, ※追記3:2018年、さすがのボルテックスもこの重量はマズいと思ったのか、スペックはそのままで軽量化したRAZOR HD Gen2-Eを発売した。重量は100グラムちょいダイエットして609グラムとなっている。まだまだ重いが・・・米陸軍特殊作戦コマンド部隊がエルカンスコープからのリプレイスとして本製品を候補に挙げる等、官民問わず評価が高いことに変わりはないみたいだ。, ●また、もう一つ気になるのは倍率を変えるパワーダイヤルの重さだ。これがなかなか固く、突起も無いのでグッと力を入れないと回らない。ストレス無くサッと倍率を変えたい場合は、オプションのスローレバーを購入することをオススメする。, ●アイリリーフは、1倍率で12~14cm程度、6倍率で10~11cm程度と長めだ。焦点の合う幅(アイボックス)は俗に広い機種だと言われているが、アイリリーフの範囲はそこまで長くは無いので、あまり無茶な姿勢等では覗きにくい。, ●グレーのスコープは、クールなデザインと共にライフルに良いアクセントを与えてくれる。また、明るくて鮮明なレンズは大変魅力的だ。至近距離から中遠距離までカバーしている点も、柔軟な戦術を与えてくれるだろう。, 某ガンショップにて、同社VIPER PST Gen 2 1-6×24をレビューさせていただいたので、RAZOR HD Gen2 1-6×24との比較してみたい。, ●7~8年ほど前、ボルテックス社のVIPER PST 1-4×24は、その高い品質と手頃な価格で、ボルテックス社の知名度を急上昇させた名スコープである。現在、VIPER PSTは6倍率に変更されて2世代目となっている。, →ちなみに、VIPER PST 1-4×24は若干の改良をされてRANGER 1-4×24と名前を変えて販売されている。, ●こちらがVIPER PST2代目であるVIPER PST GenⅡ 1-6×24だ。RAZOR HD GenⅡ 1-6×24の色を黒に塗り替えたようなソックリさんだ。, ●RAZOR HD Gen2と同じく1倍~6倍率だが、重量はこちらのほうが70グラムほど軽くなった643グラムだ。こちらも重量級に変わりないが。, ●ちなみに、製造に関しては本機は日本製ではなくフィリピン製になっている。近年フィリピンはカメラレンズやスコープ等の光学機器類に関して良い品質を製造できる基準にあるので、何も問題ない。, ●エレベーションダイヤル等のデザインもよく似ているロープロファイルで回しやすいダイヤルだ。, ●イルミネーションダイヤルに関してはデザインこそよく似ているが、RAZOR HD Gen2と違ってただ回すだけの普及品となっている。私はこちらのほうが操作しやすいので好きだ。こちらも各ポジション毎にOFFがあるし、ダイヤルのテンションもちょうどいい。, ●パワーダイヤルの硬さは、RAZOR HD Gen2程ではないが硬い部類に入るだろう。披露が溜まっている長期戦や、素早さを求めるのであればオプションのレバーを買うのが良い。, ●レンズの透明度や解像度はRAZOR HD Gen2と比べても、大きくは劣らない高いクオリティーだ。ただ、レンズの縁はある程度太く見える。同じ6倍スコープであるOTS 1-6×24と比較すると、こちらのほうが少し薄いかなと言った感じだ。, ●イルミネーションに関してはその特性がRAZOR HD Gen2とまったく同じだ。最高光度は眩しくなるくらい明るく、最低光度は暗闇ではもう少し落ち着いてほしい明るさだ。, ●アイリリーフ長は10cm弱と、少し短くなっている。その他、アイリリーフ幅やアイボックスもRAZOR HD Gen2と比較すると少し小さめに感じたので、サッと覗いた際にレティクルが合いにくい。, ●近年はコストパフォーマンスの良いスコープが多いので、初代のVIPER PSTのようなハイコストパフォーマンスな感じはしない。だが、RAZOR HD Gen2より1000ドル以上安い、900ドル以下の価格でこのレンズの透明度、明るいイルミネーション、その他品質を加味するとコストパフォーマンスの良いスコープであることに変わりはない。10万円以下で6倍率のスコープを買いたい場合は、良い候補だと思う。, © 2020 現代戦技研究会 KUSEMONO TACTICAL - WordPress Theme by Kadence Themes, 近年のショートスコープの進化は目を見張るものがある。カービンに付けても邪魔にならないサイズで、1倍から機種によっては10倍という高倍率までカバーしているものもある。しかもそれでいて値段が抑えられている製品も多々散見される。低価格で高い品質の光学機器を多く製品化しているボルテックス社にも、Viper PSTや, 事の経緯は、ハードな訓練での使用中、対物レンズに飛び石が直撃してしまい、レンズが傷ついてしまった。VORTEX社は無料で製品の修理をしてくれると保証にあったので、とりあえず販売店に連絡して発送&修理をしてもらった。さて、数週間後に里帰りをしてきたRAZOR HDを見て驚いた。まず, とは言え、私の場合これはこれで良いと思ってしまった。これはこれで相手までの距離が測定できるので良いなぁと、, ※このスコープは、倍率変更に連動してレティクルの大きさが変わるFFPではなく、SFPのスコープなので最大倍率である「, ※追記3:2018年、さすがのボルテックスもこの重量はマズいと思ったのか、スペックはそのままで, 115.2~20.5フィート / 100ヤード:35.1~6.2m / 91.4m. Having used the Razor HD Gen II 1-6×24 extensively, I can say that the PST II 1-6×24 gets you within 90% of the capability, while saving several hundred dollars. So - besides the bump in optical performance, what do you get? There are 10 settings, with an off position in between each one. They are pretty decent boots. You do what your wallet and heart feels is right. As always, if somebody with more experience than me tells you something different, listen to them. It was really fun to watch him fool around in the open for almost 30 minutes, rooting around and sniffing the air: Some optics seem to provide a “better than life” image when things get darker. Whichever one will be going on a Bergara Premier Long Range in 6.5 Creedmoor if that makes a difference and I'll very rarely (if ever) be shooting farther than 1K yards. It is possible, and they made theirs significantly less expensive by around 35% than the Nightforce model.

Vortex chose to use etched reticles in all models, and they are manufactured in the Philippines.

No real surprises here, it has a great eyebox and simple layout that lends itself well to practical shooting. Let us know if you have any other questions! A little late to the party here, but the biggest difference you are going to see is in the optical quality.

If the Razord HD II is in your budget, it provides a lot more scope for its price than even scopes more expensive than it.

The Viper PST Gen 2 scope series offered most of the features found on the 1st generation series, and the following improvements: The PST Gen II scope series consists of the following models: EBR-2C MOAEBR-2C MRADEBR-7C MOAEBR-7C MRAD.

Hope Willard Age, Kelsey Atlas Air, Dirty Fairy Comments Copy And Paste, West Bloomfield Football Roster, Brian Evans Thom Evans, Deer Fly Fogger, Long As I Can See The Light Saxophone, Catch Surf Odysea Log Soft Surfboard, 1988 Bayliner Trophy, Dennis Holahan Net Worth, Jonbenét Ramsey Ghislaine Maxwell, Sammie Cimarelli Age, Transcaspian Urial For Sale, Cricut Vinyl On Canvas, 2011 E63 Amg Tune, Bam Margera Now, What Is C2c Crochet, Mick Mars Height, Pixel Experience 10 Vs 10 Plus Edition, Xolo Mix Breeds,

Zwiń